骨をつよくするレシピ45
 
監修:戸板女子短期大学学長・日本女子大学名誉教授 江澤 郁子先生 
 
  今回は、1月〜3月が旬で骨ごと食べることができるカルシウムたっぷりの“わかさぎ”を
使った1品と、緑鮮やかで特有の香りと風味豊かな“グリーンアスパラガス”を使った料理をご紹介しましょう。

 1品目は『わかさぎの南蛮漬け』、2品目は『グリーンアスパラガスのチーズあえ』です。グリーンアスパラガスのチーズあえは、カッテージチーズを使ってみました。このチーズは低脂肪でクセがなく食べやすいチーズです。いろいろな食材と組み合わせて味を楽しんでみてはいかがでしょうか。


わかさぎの南蛮漬け
一人当たりのカルシウム量 189r



材料 {4枚分}
わかさぎ・・・・8尾
長ねぎ ・・・・・
40g
だし汁 ・・・・・
大さじ6
酢・・・・・・・・・
大さじ4
しょうゆ・ ・・・
大さじ4
七味唐辛子 ・・
適量


{作り方}

1 長ねぎは5センチ長さの細切りにします。

2 バットにだし汁、酢、しょうゆ、七味唐辛子を合わせ、1を加えます。

3 揚げ油でわかさぎを素揚げにし、熱いうちに2に漬け込みます。

{ワンポイントアドバイス}
 おかずにも、酒の肴にも最適。食欲の衰えがちな夏でもさっぱりと、
美味しくカルシウム補給ができます。 ししゃも、小あじなど、骨まで
食べられるいろいろな小魚で作ってみましょう。
 揚げた魚が熱いうちにタレに漬け込むのが、味をしみ込ませて
美味しく仕上げるコツです。
 

骨をつよくするレシピ46
グリーンアスパラのチーズあえ
   
一人当たりのカルシウム量 47r
 

材料 {4枚分}
グリーンアスパラ・・・・180g
塩・・・・・・・・ ・・・・・・
少々
カッテージチーズ ・・
80g
しょうゆ・ ・・・
・・大さじ1/2
白ごま・・・・・・・・
大さじ1
砂糖・ ・・・・・・・・大さじ1/2

{作り方}

1 グリーンアスパラは塩を加えた熱湯で色よくゆで、ざるにあげて冷まします。

2 カッテージチーズは細かくほぐし、しょうゆ、白ごま、砂糖を加え混ぜます。

3 2で1をあえます。

{ワンポイントアドバイス}

 チーズが苦手な人にも食べやすい1品です。グリーンアスパラのほか、
茹でたさやいんげんや、さやえんどうでも試してみましょう。
白ごまはすったものを用いると量的にも多く加えられ、香りも一段とよくなります。