監修:戸板女子短期大学学長 江澤 郁子先生  
 
 今回は、ひと手間かけた一品と簡単に出来る一品をご紹介しましょう。1品目は、手作り皮を使った“変わりシュウマイ”と、お子様にも簡単にできる“チーズスクランブルエッグ”です。

 シュウマイの皮には、白玉粉、小麦粉、豆腐を使いますが、白玉粉を利用した料理の応用として白玉団子を作る際に絹ごし豆腐を加えると、カルシウムだけでなく良質たんぱく質が豊富な栄養満点のお団子が作れます。さまざまな食材を組み合わせて栄養満点の美味しい料理を工夫してみましょう。
骨をつよくするレシピ85
『 変わりシュウマイ 』
 
1人あたりのカルシウム量 148mg
材料 4人分

鶏ひき肉・・・200g
長ねぎ・・・・1/3本
牛乳・・・・・適量
グリンピース・・32粒
サラダ油・・・・少々

 

   【 A 】
卵・・・・・1個
ゴマ油 …・小さじ1
片栗粉 ・・小さじ2
塩・
・・少々
コショウ ・・・・少々
砂糖 ・・・・・少々
味噌・・・小さじ2
しょうが汁・・小さじ2

   【 B
白玉粉・・・・・200g
小麦粉 …・1カップ
白ごま ・・大さじ3
絹ごし豆腐 ・・1丁
 
{作り方}
鶏ひき肉、みじん切りにした長ねぎを混ぜ、を加えて粘りが出てくるまでよく練り混ぜ、32こに丸めておきます。
ボウルにを入れて混ぜ合わせ、牛乳を少しずつ加えて耳たぶくらいの硬さに練り、32個に丸めておきます。
を丸く広げ、をのせてシュウマイの形に包み、中央にグリンピースを詰めます。
蒸気の上がった蒸し器の底に薄くサラダ油を塗ってを並べ、ふたをして強火で15分ほど蒸します。
{ワンポイントアドバイス}
 シュウマイの皮は小麦粉とスキムミルクで作ってもよいでしょう。

骨をつよくするレシピ86
『 チーズスクランブルエッグ 』
   
材料 4人分
1人あたりのカルシウム量 197mg

 

 

プロセスチーズ・・・100g
卵 ・・・・・・・・・・・・・
6個
塩 ・・・・・・・・・・・・・
少々
バター ・・・・・・・・・
大さじ2
コショウ ・・・・・・・・・
少々
 
{作り方}

チーズは1センチ弱くらいの大きさに角切りします。

ボウルに卵を溶きほぐし、 、塩、コショウを加え混ぜます。
フライパンを温めてバターを焦がさないようにゆっくりと溶かし、 を一気に流しいれます。少し固まったらコショウをふり、箸5〜6本で全体を大きく、手早く混ぜ、形を整えて火を止めます。
{ワンポイントアドバイス}
 先のスクランブルエッグのバリエーションの1つで、スキムミルクの代わりにチーズでカルシウムをプラスしました。青みにチンゲン菜、ほうれん草、春菊などを加えてもよいでしょう。