監修:北海道医療大学 高橋 セツ子先生  
 
 手打ちうどんは、ちょっと面倒のように思われがちですが、意外と簡単です。薄力粉にスキムミルクを加え、牛乳で練って仕上げていきますが、ミルクくささがありませんので普通のうどんと同様にいただくことができます。コクと歯ごたえがあって、まさに手作りの味わいです。
 めんに添える具は、肉、魚介、野菜、海草などをいろいろ組み合わせることにより栄養のバランスのとれた一品になります。
骨をつよくするレシピ85
『 冷やし牛乳めん 』
   
【 材料 4人分 】
1人あたりのカルシウム量 571mg
(うどん)
薄力粉・・・・・2枚
スキムミルク
・・・・・1本
牛乳・・・・・1袋
塩 …・2かけ

(うどんの漬け汁)
だし汁・・・・・2枚
しょうゆ
・・・・・1本
みりん・・・・・1袋

(具)
さけるタイプのチーズ ・・50g

うなぎの蒲焼・・・適量       エビ ・・・・適量
キュウリ ・・・・・適量

トマト・適量
わかめ・
・・適量
青じそ・・・・適量

 
{作り方}

牛乳を温め塩を加えて溶かす。

ボウルにふるった小麦粉とスキムミルクを入れ、中央をくぼませてを加え耳たぶくらいの硬さにこねる。濡れフキンをかけて約1時間ねかせる。
打ち粉をした台の上にをのせ、めん棒で厚さ約3ミリにのばす。これを切りやすい幅に折りたたんで、太さ3〜4ミリに切る。
をたっぷりの熱湯で10〜20分ゆで、流水の中でもみ洗いしてザルにあげる。
エビは尾を残して背わたを取り、軽くゆでる。チーズは手でさく。ワカメは水で戻して食べやすく切る。その他の具も食べやすく切る。
器にうどんを盛りつけ、具を彩りよくのせ、つけ汁をつけていただく。
{ワンポイントアドバイス}
 お好みでミョウガを薬味に用いてもよい。