監修:戸板女子短期大学学長 江澤 郁子先生  
 
 今回は、牛乳・乳製品以外でカルシウムをたっぷり含む食材を使った料理を2品ご紹介しましょう。
1品目は大豆製品の生揚げを使った“生揚げの和風炒め”、2品目はカルシウムだけでなく、鉄やマグネシウムなどのミネラルも豊富なひじきを利用した“ひじきのミルク煮”です。いつもの定番和風料理にこの2品をプラスして、料理のレパートリーを増やしましょう。
骨をつよくするレシピ82
『 生揚げの和風炒め 』
   
材料 4人分
1人あたりのカルシウム量 272mg

 

 

生揚げ・・・・・2枚
長ねぎ・・・・・1本
もやし・・・・・1袋
しょうが …・2かけ
貝割れ菜 ・・2パック
サラダ油・
・・適量
しょうゆ・・・・適量
みりん・・・・・適量
七味唐辛子・適量

 
{作り方}

生揚げは熱湯に通して油抜きをし、1センチ幅に細かく切ります。長ねぎは縦2つに割ってから生揚げの長さにそろえて切ります。
もやしはサッと洗って水けをきります。

しょうがはすりおろします。
貝割れ菜は根元を切り落とします。
サラダ油を熱してを炒め、、しょうゆ、みりんを加えて七味唐辛子をふり、
最後にを加えてサッと火を通します。
{ワンポイントアドバイス}
 春菊やチンゲン菜をいっしょに炒め合わせると、カルシウムがさらにアップします。

骨をつよくするレシピ83
『 ひじきのミルク煮 』
   
材料 4人分
1人あたりのカルシウム量 161mg

 

 

乾燥ひじき・・ 28g
にんじん・・・・・40g
鶏ひき肉・・・・80g
ゴマ油・・・大さじ1
牛乳 ・・・・1カップ
しょうゆ …大さじ1強
砂糖 ・・大さじ1と
1/3
 
{作り方}

ひじきはたっぷりの水の中できれいに洗ってから水に漬けて軟らかくもどし、水けをよくきります。

にんじんは細切りにします。
フライパンにゴマ油を熱し、鶏ひき肉を炒めます。肉がパラパラになったらを加えて炒め合せ、牛乳を加えて少し煮、しょうゆ、砂糖で味を調えます。
{ワンポイントアドバイス}
 冷やしてレタスやサラダ菜にのせ、サラダ風にして食べても美味。ヘルシーなひじき料理の1つとして是非レパートリーに。