監修: 川端 ○○子
 今週は一般の主婦の方から、投稿いただいたチーズレシピをご紹介します。
  1品目は和と洋の組み合わせが、いがいにマッチする“チーズ焼きおにぎり”、2品目は“カボチャとチーズのミルク煮”です。どちらもお子様に好評な一品で、カルシウムもたくさん取ることが出来るので、わが家の定番レシピにしてみてはいかがでしょうか。
骨をつよくするレシピ68

チーズ焼きおにぎり

材料 {4人分}
一人当たりのカルシウム量 294mg



ごはん・・・・・・・・・・・・・・・・4個分
プロセスチーズ・・・・1cm角 4個
しょうゆ・・・・・・・・・・・・・・・・・適量

{作り方}
1cm角のチーズを中に入れ、おにぎりをつくります。(しっかりと握ったものが良いです。)
お皿にしょうゆを適量入れ、おにぎりの片面をつけ、暖めておいたテフロン加工のフライパンで、しょうゆがついた側を焼きます。
反対側も同様に焼いてできあがりです。
{ワンポイントアドバイス}
 他のバリエーションとして、とろけるチーズ、クリームチーズなどでも。
焼いたものにしらすをちらしたり、とろろこんぶで巻いても美味しいです。
 


骨をつよくするレシピ69
カボチャとチーズのミルク煮
材料 {4人分}
一人当たりのカルシウム量 246mg



カボチャ・・・・・・1/4個
チーズ・・・・・・・・・80g
玉ねぎ・・・・・・
1/20g
コンソメの素・・・・・1個
牛乳・・・・・・・・100cc
水・・・・・・・・・・200cc
塩・こしょう・・・・・・適量




{作り方}
玉ねぎを薄切りにしてサラダ油でしんなりといためる。
カボチャを四つ切にしてに加える。さらにいためる。
水・コンソメの素をに加え、10分ほど中火で、落とし蓋、鍋蓋を して煮る。
カボチャが煮えたら牛乳、1センチ角にきった、チーズを加え、弱火で 5分ほどやわらかくなるまで煮る。
最後に塩・こしょうで味を調えてできあがり。