骨をつよくするレシピ50
 
監修:藤時女子大学教授 高橋 セツ子先生
 牛乳に浸してくさみを抜いたサンマに粉チーズをまぶして油で揚げてコクと風味をつけます。牛乳あんは、かたくり粉の水溶きを加えて仕上げますので簡単です。

 サンマやサバ、イワシなどの魚の脂肪にはイコサペンタエン酸(EPA)やドコサヘキサエン酸(DHA)という脂肪酸が多く含まれており、これらが抗血栓作用や血圧低下作用、抗動脈硬化作用などに効果を発揮するといわれます。比較的安価な魚ですので大いに利用しましょう。

揚げ魚の牛乳あんかけ

一人当たりのカルシウム量 222r



材料 {4人分}
生サンマ・・・・
大さじ6
牛乳(下味用 ) ・・
1/4カップ
小麦粉・・・・
大さじ1
   かたくり粉・・・
大さじ1
   粉チーズ・・・
大さじ

ゆでタケノコ・・・・70g  ごま油・・・・・・大さじ1
青梗菜・・・・・・100g   牛乳・・・・・・・2カップ
ニンジン ・・・・40g    チキンコンソメ・・・1個
キクラゲ ・・・・10g    かたくり粉・・・・大さじ1
長ネギ・・・・・・少々    塩、コショウ・・・・少々
揚げ油・・・・・・適量

{作り方}

1 サンマは3枚におろし一口大に切り、牛乳に30分ほど付けてくさみを取る。

2  サンマの水気を取り、軽く塩、コショウをし、の粉をつけ、中温の油でカラリと揚げる。

3 キクラゲは水で戻してきれいに洗い、石づきを取ってせん切りにする。タケノコ、青梗菜、
  ニンジンも せん切りにする。

4 ごま油を熱して3をいため、軽く塩、コショウをする。

5 チキンコンソメを牛乳で溶いて加熱し、ここにかたくり粉の水溶きを加えてとろみをつけ、
  4を加える。

6 皿に5を敷いてサンマをのせ、白髪ネギを飾る。