監修:日本女子大学名誉教授 江澤 郁子先生
 今回は、年末年始のホームパーティーのメニューに相応したい、チーズを使ったカルシウムたっぷりの2品をご紹介しましょう。
 1品目は、ホットプレートを利用した“チーズオープンサンド”、2品目は“チーズ揚げ”です。
この2品に、あたたかいスープと新鮮な野菜サラダでも添えて、家族みんなで楽しい食卓を囲んでみてはいかがですか。チーズオープンサンドは、様々な食材を組み合わせて、いろいろな味のバリエーションを楽しんでください。
骨をつよくするレシピ36
チーズオープンサンド
1人分のカルシウム量  400〜500mg

材料 {4枚分}
ナチュラルチーズ(好みのもの)280g
ココアツナ(缶詰目)…
適量
ハム(またはソーセージ) …
適量
ゆで野菜… 適量
(ジャガイモ、ニンジン、ホウレン草)など

パイナップル ………
適量
(生または缶詰)

フランスパン …
2切れ

{作り方}
1 ホットプレートを温め、薄く切ったチーズをのせます。

2 チーズがトロリとしてきたら、食べやすく切った材料をのせてチーズをからめます。

3 パンに2をのせていただきます。

 
{ワンポイントアドバイス}

 材料は何でもOK。一度火を通してから小さく切ってチーズをからめれば、マイルドで
おいしいサンドイッチの具になります。
 冷蔵庫にあるものを総動員して作ってみましょう。ホームパーティーにも最適です。


骨をつよくするレシピ37
チーズ揚げ
   
一人当たりのカルシウム量 193r
  材料 {4枚分}
プロセスチーズ120g
ワンタンの皮 …
16枚
揚げ油 …
適量
パセリ… 適量
{作り方}

1 チーズは1センチ角の棒状に16等分します。

2 ワンタンの皮を斜めにおいて1を1つずつのせ、くるりと巻いて、巻き終わりを水でぬらして
  止めます。

3 揚げ油を170度に熱して2を入れ、こんがりとしたきつね色になるまで揚げます。

4 3の揚げ油にパセリを入れ、さっと素揚げします。

5 器に3を盛り、4を添えます。

 
{ワンポイントアドバイス}

 ワンタンの皮の代わりにギョウザの皮を使っても同様にできます。