骨をつよくするレシピ34
監修:テクノフロンティア キッチンサイエンス研究所 小林 正恵

燻製チーズ

 従来の保存食のための燻製ではなく、チーズにおいしさとまろやかさを醸し出し、チーズが苦手な人や子供にもこの燻製チーズは癖がなく大変好評である。
 弱く燻製したものは紅茶に、強く燻製したものはビールやワインのつまみに合うと言う。簡単・短時間でできるので、パーティーでのパフォーマンスにも最適。ぜひ一度トライしてみてはいかがでしょう。
1箱あたりのカルシウム量  650mg
材料
雪印乳業プロセスチーズ…1箱
サクラまたはリンゴのチップ…
中さじ2杯
{作り方}
1 プロセスチーズは2〜3時間前に常温に戻しておく。

2 チップを、はかせ鍋または空焚きのできる鍋に均等になるようにばらまく。

3 なべに網の棚を置き、チーズを縦割りに二分割したものを1cm位間隔をあけて置く。

4 熱源になべを置き、蓋をして中火で加熱する。

5 なべの中に煙が充満、チーズが見えなくなったら火からおろし、しばらく保温する。

 

{アドバイス、感想}
1 空焚きのできる鍋なら、はかせ鍋でなくてもOKで、保温には発泡スチロールの箱を
  2〜3分かぶせることにより、より美味しくなる。

2 ケーキやパンを焼く時に敷く紙を
  チーズより少し大きく切っておくと網に
  付着しなくて焼きやすい。

3 センサーつきのガスコンロでは、空だき
  のため消火し使えない。

4 このスモークチーズは雪印の
  プロセスチーズが最高に適している。

5 保温直後の燻製チーズは中身が
  クリーミー状で大変美味しい。

6 しばらくたったものもクリーミーではないがこれを好む人もある。

7 しかし、燻製後、常温で2,3日保存すると硬くなるが、サランラップに包み電子レンジで
  約20秒加熱すると、燻製直後のクリーミー状となる。

8 サランラップで包み冷蔵庫内である期間保存も可能であり、電子レンジで過熱すると
  燻製直後と同様の美味しさになる。

9 燻製のチップは桜・梅に限らず、みかんの皮・ローズマリーなどのハーブ類も良いとか。
  いろいろトライすることも楽しみ。

10 この燻製方法で、ソーセージ・いか・かき・鶏肉の燻製も可能です。