健康づくりを骨から始めましょう
 
骨を強くするレシピ22
2004.8.23
 
鶏のはさみチーズフライ
監修:北海道文理科短期大学助教授
高橋 セツ子先生
 
 淡白な鶏肉にコクのあるチーズとマヨネーズを組み合わせてカルシウムと美味しさを
ボリュームアップさせ、フライパンで焼つけて仕上げました。

 一般にフライは肉、魚、野菜などの材料に小麦粉、溶き卵、パン粉をつけて油で揚げた
料理をさすことが多いのですが、英語での意味はいためる、揚げるなど、油脂で熱処理することです。たっぷりの油で揚げる場合をディープフライ、いためる場合をパンフライ、または
ソテーといいます。

                       1人当たりのカルシウム量   340mg
{材料 4人分}
鶏胸肉…320g
ゴーダチーズ…
160g
マヨネーズ…
大さじ4
塩、コショウ…
少々
小麦粉、溶き卵…
適宜
パン粉…
適宜
バター…
大さじ1と1/2
サラダ油…
大さじ1
(付け合せ)
ホウレン草…200g
玉ネギ…
小1個
ミニトマト…
120g
生クリーム…
50g
サラダ油…
大さじ1/2
{作り方}
1 鶏肉は皮を除いて4等分にし、それぞれ厚みを半分にするように切って開く。これを
  すりこ木などでたたいて薄くのばし、塩、コショウをする。

2 1の鶏肉を広げ、マヨネーズをぬってチーズを包み込み、小麦粉、溶き卵、パン粉の順に
  つける。

3 フライパンにバターとサラダ油を熱し、肉の両面をこんがりと色よく、約12分焼きつける。

4 ホウレン草は3cm長さ、玉ネギは薄切りにする。これをサラダ油でいため、生クリームを
  加え、約5分煮て、塩、コショウをする。

5 皿に4の野菜を敷き、その上に3の鶏肉をのせ、まわりにミニトマトを飾る。