健康づくりを骨から始めましょう
  骨を強くするレシピ      
         
  レシピのバックナンバー      
         
     
骨にとって良いメニューNo.12 
     
     
監修:日本女子大学名誉教授 江澤郁子 
     
     
   今回は、今が旬のかぶの葉を使った和風の煮びたしと、中国野菜の中で最も日本人に定着している野菜のチンゲン菜を使った中華風の炒め物をご紹介します。
 1品目のかぶの葉は、カルシウムやカリウムなどのミネラルの他、ビタミン類も多く含む食材です。
 2品目のチンゲン菜と卵の中華炒めは、材料をそろえればあっという間に出来上がる簡単料理です。チンゲン菜の代わりにタア菜やそぎ切りにしたキュウリなどを使っても美味しく出来ます。
 夕食にもう1品というときに作ってみてはいかがでしょうか。
     
 
かぶの葉と油揚げの煮浸し
1人当たりのカルシウム量 180mg
作り方の図

[材料/4人分]


かぶの葉・・250g
油揚げ・・・1枚
だし汁・・・大さじ3
しょうゆ・・大さじ1
砂糖・・・・小さじ1

[作り方]
・かぶの葉は熱湯でさっとゆでて水にとり、水気を絞って3センチの長さにきります。
油揚げは熱湯をかけて油抜きし、網で両面をパリッと焼き、縦半分にしてから1センチ幅に切ります。
だし汁、しょうゆ、砂糖を合わせてひと煮立ちさせ、・をあえます。


ワンポイントアドバイス
 かぶの実を加えると一層豪華に。カルシウムの豊富なかぶの葉は、漬物、おひたし、汁の実、菜めし、ごま炒めなどの料理にも利用できます。

   
    

 

チンゲンサイと卵の中華炒め
1人当たりのカルシウム量 142mg
作り方の図
[材料/4人分]


チンゲン菜・・4株
卵・・・・・・4個
しらす干し・・20g
サラダ油・・・少々
ごま油・・・・少々
オイスターソース・少々

[作り方]
・チンゲン菜は葉と軸にわけ、それぞれ食べやすい大きさにきります。
中華鍋に多めのサラダ油を熱し、溶きほぐした卵を一気に入れてふんわりとした炒り卵を作り、皿にとります。
の鍋にごま油を熱し、@のチンゲン菜を軸、葉の順に入れて炒めます。全体に油が回ったらAを戻しいれ、しらす干し、オイスターソースを加えて手早く炒め合わせます。


ワンポイントアドバイス
 チンゲン菜の代わりに小松菜や春菊を、しらす干しの代わりにちりめんじゃこやさくらえびを使っても美味しく出来ます。

 
 
             
      マスコット犬      
             
     
コピーライト