健康づくりを骨から始めましょう
  骨を強くするレシピ      
         
  レシピバックナンバー      
         
     
骨にとって良いメニューNo.11 
     
     
監修:日本女子大学名誉教授 江澤郁子 
     
     
  今回は、今が旬のカボチャを使ったスープとみんなで食卓を囲んで楽しく作って食べることができるお好み焼きを紹介します。
 1品目のカボチャは、βカロチンやビタミンB1、B2、Cなどのミネラルにも富む食品です。牛乳や生クリームを加えて栄養たっぷりのスープが出来上がりです。ハロウィンパーティーや冬至には、カボチャを使ったカルシウムたっぷり料理を1品揃えてみてはいかがでしょうか。
また、みんなが集まる時には、食卓を囲んで楽しくカルシウムたっぷりのお好み焼きパーティーはいかがですか。レシピを参考に、ひと味違った我が家のオリジナルお好み焼きに挑戦してみましょう。
     
 
カボチャのスープ
1人当たりのカルシウム量 205mg
作り方図

[材料/4人分]


かぼちゃ・・・・1/4個
コンソメスープ・1カップ
牛乳・・・・・・3カップ
生クリーム・・・1パック
こしょう・・・・少々
パセリのみじん切り・小さじ1/2

[作り方]
・かぼちゃは種、皮を除き、適当な大きさに切ってコンソメスープで軟らかく煮ます。
・を汁ごミキサーにかけ、ペースト状にします。
を鍋に戻し、牛乳、生クリームを加えて沸騰させないようにゆっくりと温め、こしょうで味を調えます。
器に盛り、パセリのみじん切りを散らします。


ワンポイントアドバイス
カルシウムもビタミンもたっぷりのスープです。暑い季節は冷蔵庫で冷たくしてどうぞ。

   
    

 

お好み焼き
1人当たりのカルシウム量 175mg
作り方図
[材料/4人分]


牛乳・・・・・・1カップ
スキムミルク・・大さじ3
卵・・・・・・・1個
小麦粉・・・・・1カップ
キャベツ・・・・150g
にら・・・・・・1/2束
あさり(むき身)・100g
サラダ油大さじ・1/2
中濃ソース・・・大さじ3
トマトケチャップ・大さじ1
青のり・・・・・大さじ1
かつおぶし・・・適量

[作り方]
・牛乳にスキムミルクを溶かし、溶きほぐした卵を合わせ、小麦粉を加えてよく混ぜます。
キャベツはざく切りにします。にらは2センチの長さに切ります。あさりは塩水で洗い、小鍋に入れてさっと火を通しておきます。
・とを合わせます。
ホットプレートかフライパンに油を敷き、を適量入れて両面を焼き、中濃ソースとトマトケチャップを合わせたソースを塗り、青のり、かつおぶしを散らします。


ワンポイントアドバイス
具は文字通り“お好み”で。桜えび、しらす干し、オイルサーディンなどの具はカルシウムもたっぷりです。

 
 
             
           
             
     
コピーライト