健康づくりを骨から始めましょう
  骨を強くするレシピ      
     
  レシピバックナンバー      
         
     
骨にとって良いメニュー No.9
     
     
監修:日本女子大学名誉教授 江澤郁子 
     
     
     
     
  今回は、蒸し暑い目にさっぱりと、美味しく食べることが出来るカルシウムたっぶりの料理を2品ご紹介します。、
 1品目は、骨ごと食べられるように空揚げにし、酢漬けにした“ししやものエスカベーシュ、これには、冷蔵庫にある野菜類を大いに利用してほしいものです。カルシウムだけでなく野菜類もたっぷり取ることができる、そして食欲のない日の主菜としておすすめできる料理です、
2品目は、今が旬で、ビールのおつまみにも美味しい枝豆を使った“枝豆のポタージュ"です。このスーブは、温かくしても、冷たくひやしても美味しく召し上がれる1品です。ミキサーを利用して、手軽に作ってみましょう。
 今回の2品は、食欲のない日にもさっぱりと食べることが出来る料理です。家族みんなで、楽しい、カルシウムたっぶりの食卓を囲みましょう。
     
 
ししゃものえすかべーじゅ

カルシウム232mg(1人分)

写真

【材料/4人分】


ししゃも・・8〜12尾
大根・・・・200g
にんじん・・50g
きゅうり・・80g
わかめ・・・50g
ゆず・・・・少々
塩・・・・・小さじ1
砂糖・・・・大さじ1
酢・・・・・50ml

[作り方]
ししゃもはから揚げにする。
野菜は全部千切りにする。
わかめは、水洗いして湯通して切る。
全体に塩を入れ、砂糖、酢を加える。
ごまを煎って加える。
ししゃものから揚げを、野菜の中に盛りつける。
春子鯛(小さいもの)が安値にたくさん出まわる時があるので、利用するとお正月料理、お祝料理に使ええる。(春子鯛のうろこをとり、内臓を出し、塩をして片栗粉をつけ、2度揚げする。)

 ※主菜と副菜が一品でとれます。

   
    

 

枝豆のポタージュ
カルシウム200mg(1人分)
写真
[材料/4人分]

じゃがいも・・・・・・50g
たまねぎ・・・・・・・50g
スキムミルク・・・・・40g
スープ
(鶏ガラでとったもの)450cc
枝豆(むいたもの)・・・80g
コーヒー用生クリーム・小1個
[作り方]
じゃがいもとたまねぎをスープで煮る。
枝豆を色よくゆでる。浮き身用に20つぶとる。残りの枝豆とじゃがいも、たまねぎをミキサーにかけるか、うらごしをする。
にスキムミルクを入れてひと煮立ちする。
器に盛り、枝豆を浮かし生クリームを落とす。
 
 
             
           
             
     
コピーライト