監修:戸板女子短期大学学長 江澤 郁子先生 

 

 
 若葉の緑が美しい、風薫る爽やかな季節が訪れました。気分もさわやかになり元気が出てきそうな気がしませんか。台所に立つのも楽しくなりそうです。
 今回は、保存食品として常備しておくと、いつでもすぐに利用でき・カルシウムたっぷりのひと皿ができあがる料理2品をご紹介します。
 1品は、油揚げとじゃこが入った切り干し大根の煮浸しです。切り干し大根は、カルシウムだけでなく、カルシウムと同様に不足しやすい鉄や食物繊維も多く含む食材です。大いに利用しましょう。
 2品目は、ひじきのマリネです。ひじきは和風料理のイメージがありますが、工夫次第でいろいろな料理に利用できる食材です。ひじきも切り干し大根と同様に、カルシウムだけでなく鉄や食物繊維を多く含む食材の代表選手です。いつでも利用できるようストックしておきましょう。
 
切干大根の煮びたし1人当たりのカルシウム量 129mg

[材料/4人分]


切干大根60g 
にんじん40g 
ちりめんじゃこ20g 
油揚げ20g
サラダ油小さじ2 
だし汁1・1/2カップ 
砂糖大さじ2弱 
しょうゆ大さじ1・1/3

[作り方]
切干大根は水に5分ほど漬けてもどし、水けを良く絞ります。
にんじんは細切りにします。
ちりめんじゃこはさっと湯通しします。
油揚げは油抜きをして細切りにします。
鍋にサラダ油を熱しての順に炒め、だし汁を加えます。煮立ったら、砂糖としょうゆで調味し、材料が軟らかくなるまで煮含めます。
ワンポイントアドバイス
油揚げの代わりに生揚げを用いると、メインの一品にもなります。
 
 
ひじきのマリネ
1人当たりのカルシウム量 322mg
[材料/4人分]



生ひじき350g 
プロセスチーズ70g 
生ハム40g 
パセリ適量 
にんにく1/2片 
オリーブ油1/4カップ 
白ワイン大さじ1 
塩小さじ1/2強
[作り方]
生ひじきは水で洗って砂とごみを除き、水けをきります。
プロセスチーズは細かく切ります。
生ハムは食べやすい大きさに切ります。
パセリ、にんにくはみじん切りにします。
オリーブ油、白ワイン、塩をよく混ぜてマリネ液を作り、を20分以上漬け込みます。
ワンポイントアドバイス
クラッカーにのせたり、パスタにあえたりしてもおいしくいただけます。プロセスチーズの代わりに好みのナチュラルチーズ、クリームチーズを使ってもよいでしょう。