監修:戸板女子短期大学学長 江澤 郁子先生 

 

 
 春の陽気に誘われて、野鳥がさえずり、草や木々が芽吹く季節となりました。今回は、家族みんなで、カルシウムいつぱいの美味しいデザートを作ってみてはいかがですか。
 一品は、ブランマンジェ(Blanc-manger)。ブランはフランス語で白、マンジェは食べ物の意。作り方に2通りあり、今回はコンスターチを用いて作るイギリス風。もう1つは、コンスターチではなくゼラチンを使うフランス風。本格的に作る場合は、アーモンドの絞り汁や粉末を用います。季節の果物を利用したフルーツソースを添えるとよいでしょう。
 2品目は、風味がよくカルシウムたっぷりのごまをたくさん加えたセサミクッキーです。ごまなどの種実類は小さい実ながらその内部には発芽に必要な成分をすべて備えた、きわめて濃厚な栄養価をもつものが多く、ごまも例外ではありません。食卓にいりごまを常備し、いつでも利用できるようにしておきましょう。
ブランマンジェ
料理写真 [材料/4人分]
カルシウム約174mg(1人分)

スキムミルク.....大さじ10
砂糖....80g
温湯....カップ2・1/2
ブランデー....大さじ1
コーンスターチ.....大さじ6
冷凍フランボワーズ.....適量
[作り方]
・鍋にコーンスターチ、砂糖を入れ、お湯で溶いたスキムミルクを少マ加えて溶きのばす。
残りのスキムミルクは60℃くらいに温め、・に加えて火にかけ、木杓子で鍋の底をかき混ぜながら煮、なめらかなクリーム状になったら火からおろす。
すぐにブランデーを加えて、内側を水でぬらした型に流して冷やし固める。
冷凍フランボワーズは解凍して裏ごしし、型から抜いたブラマンジエのまわりに注ぎ入れる。
ワンポイントアドバイス
冷凍フランボワーズの他、季節のフルーツや缶詰のフルーツ、またはジャムなどを利用してもよい。
   
 
セサミクッキー
[材料/4人分]
1人当たりのカルシウム量 220mg

小麦粉110g 
マーガリン90g 
砂糖50g 卵1個 
いりごま70g 
サラダ油少々
[作り方]
・小麦粉はふるっておきます。
ボウルにマーガリンを入れて軟らかく練り、砂糖を加えてよく混ぜます。これに卵を加えて全体を均一に軟らかく練り、・を加えてさっくりと合わせ、いりごまを混ぜ込みます。
天板にサラダ油を薄く敷き、その上にを小さじ1杯分くらいずつ落とします。
180度のオーブンにを入れ、少し焦げめがつくまで、10-12分焼きます。
ワンポイントアドバイス
ごまの風味がよいクッキーです。年配の方のお茶受けにもぴったり。粉チーズやスキムミルクなどを混ぜ込んでもよいでしょう。
 
 
             
           
             
     
コピーライト