第1回 「韓国の元旦」
 

 韓国の元旦は基本的に日本のそれとあんまり変わりはなく、どこかに新年のカウントダウンに行ったり、日の出を見に行ったり、それともお家で放送局の受賞式を見たりしながら新年を迎えます。韓国は陰暦の元旦の方がもっと大事なので陰暦の元旦になると美味しい物も一杯作るし、家族みんなが集まるので全国から実家に向かう人で民族の大移動と言われるくらいです。これは後で2月になったらまた取り上げたいと思います。

 日本では年越しそばを食べるように韓国ではトククックと言って、お餅のスープを元旦に食べます。楕円形で2,3ミリの薄さに切ったお餅を牛肉かにぼしでとっただし汁にいれ、卵汁を入れた後塩と、韓国醤油で味を整えます。器に入れて上にのりをまぶして出します。これを食べてから、一歳が増えると言いますね。

 日本では元旦に雪が降ったそうですね。今年は両国にいいことが雪のように降ってくれることをお祈りしながら終わらせたいです。

 これから微力でありますが、毎月韓国のことを紹介して行こうと思いますのでよろしくお願いします。
                (おわり)